冷蔵庫搬送

冷蔵庫の搬送を格安にする方法

冷蔵庫搬送

冷蔵庫の搬送

冷蔵庫 郵送

冷蔵庫 送る

冷蔵庫 搬出

 

冷蔵庫は大きくて重い家電なので、搬送するのは重労働です。
ファミリータイプのものは、100sを超えるので自分で動かすのは危険です。

 

冷蔵庫の搬送なら、引越し業者がオススメです。
引越し業者は1日に何個も冷蔵庫を運ぶこともありますから、安全に搬送するノウハウがあります。

 

物件の床や壁を傷付けないように、保護もしてくれるので安心です。

 

冷蔵庫を1番安く運んでくれる引越し業者を探すなら、引越し業者一括見積もりがオススメです。

 

引越し一括見積もりはこちら

クロネコヤマト引越センター
も加盟しています↑↑

 

 

 

住所や新居の場所、エレベーターの有無などの情報を1回入力するだけで、複数の引越し業者からの見積もりを取ることが出来ます。
これを比べることで、相場はもちろん1番安い業者を簡単に探すこともできるのです。

 

引越し業者だから、引越しにしか利用できないと思っている方も多いです。

 

しかし冷蔵庫などの大きな家電だけを運ぶサービスも行っていますので、お気軽にご利用くださいね。

 

 

複数の見積でさらに安くなる!

1つ1分。3分で最もお得に!!

引越し価格ガイド

・200社を超える業者が登録
・最大10社から見積もり
クロネコヤマト引越センターが参加

ズバット引越し

・安い引越業者を探す方法は必見
・最大50%安くなる理由とは


ホームズ引越し

・はじめての引越しにおすすめ

 

 

 

引越しの繁忙期と費用

 

引越し繁忙期

 

引越しには繁忙期(オンシーズン)と通常期(オフシーズン)とがあります。
繁忙期と通常期には費用に差があり、繁忙期のほうが高く設定されています。

 

日本は4月から新学期を迎えるため、新大学生や新社会人は新生活のために3月に一斉に引越しをするのです。
さらに春の人事異動で転勤のサラリーマンも加わって、3月は引越し業者が最も忙しい時期、つまり繁忙期なのです。

 

この時期にいざ引越し業者に見積もりを依頼したら、どこの業者も予約が一杯で断れたという方もいます。
ギリギリキャンセルが出て引越しは出来たけど、思っていたよりもはるかに費用が高かったという方もいます。

 

このように繁忙期は通常期よりも業者を探すのに苦労しますので、引越しの準備は早めに行いましょう。
新居の住所がわかったらすぐに見積もりの手配をしましょう。

 

今は一括見積もりで複数の引越し業者から見積もりが取れますので、簡単に業者を比較することができます。
繁忙期といえど引越費用には差がありますので、少しでも安く引越しできるといいですね。

 

 

引越しの挨拶

 

引越し 挨拶

 

引越ししたら近所にあいさつに行かれますか?
長く住むのであればぜひ行きましょう。

 

引越しの挨拶は、引越し当日か翌日に行くのがおすすめです。
先延ばしにすると行くのが面倒くさくなったり、先に道や廊下で住人にバッタリ会ってしまってタイミングを逃したりします。

 

引越し日までに簡単な粗品を用意しておくといいですね。
粗品は500円とか1000円くらいの日用品やお菓子、タオルや洗剤などが喜ばれると思います。

 

ではどこのお宅まで挨拶に行けばいいのでしょうか?

 

マンションやアパートなら上下左右の部屋の方に行くのが一般的です。
もし大家さんや管理人さんが近くにお住いなら、ついでにご挨拶しておくといいと思います。

 

一戸建ては昔から「向こう三軒両隣」と言って、自分の家の向かい側3軒と左右隣の2軒、合計5軒です。
一軒家はマンションのような住人専用のゴミ収集所がない所が多いです。
おそらく町内の当番制で清掃を行って管理されているかと思います。
ですから自治会長さんにもご挨拶して、ゴミ出しのルールなどを聞いておくと安心ですよ。

 

 

引越しの上手な手順

 

引越し手順

 

引越しには手順がありますので、ぜひ一度ご確認くださいね。

 

@新居が決まったら引越し業者一括見積もりをして、一番条件の良い引越し業者と契約する。
A荷物を梱包し、不用品は処分する。
B市外への引越しは転出届を提出する。引越し2週間前から提出可能。
C電気・ガス・水道・ネットなどの会社に連絡する。
D郵便局へ転送の手続き
E引越し当日
F市外引越しなら転入届、同一市内なら転居届を役所に提出する。引越し2週間以内に。
G荷解き
H免許・パスポート・保険・カードなどの住所変更をする。

 

いっぱいすることがあるように見えますが、時期がずれていますので一度にすることはそんなにないのです。
では一つずつ見て行きましょう。

 

引越しなら早く仕事を依頼したいところですが、引越し業者に見積もりをするのは、新居が決まってからがオススメです。
どうしてかといいますと新居の情報も費用に関係するので、先に見積もりを取っても正確な金額ではないからです。
当日追加料金が発生するような状況は避けたいですね。

 

そして新居に運ぶ荷物は出来るだけ減らしましょう。
いらないものを新居に運び入れるにも費用がかかるのでお金が勿体ないです。
売る、人にあげる、捨てるなどして減らしましょう。

 

市外へ引越しする場合は市町村役場に転出届を提出しましょう。
引越し日の2週間前から提出することが可能です。

 

電気・ガス・水道は引越しする日まで現住所で使えるようにしてもらって、翌日からは止めてもらうように連絡しましょう。
それまでに使った電気・ガス・水道料金は日割り計算してくれます。精算方法は会社によって異なるので確認してください。

 

郵便物が新居に届かないのは不便ですね。
郵便局で転送届を提出すれば、1年間は新居に郵送してくれます。

 

引越し日はほとんど引越し業者にお任せです。
大事なもの、壊れたら困るもの、貴重品などは自分で運んでくださいね。
あらかじめ大きな家具の置き場所を決めて、引越し業者にメモを渡しておくといいですね。

 

新居に最寄りの市町村役場で市外引越しの場合は転出届を提出します。
同一市内引越しの場合は、市町村役場に転居届けを提出します。
これで役所からのお知らせが正しく届けられます。

 

荷解きはどうぞゆっくり行ってくださいね。

 

他にも住所変更が必要そうなものに、免許証やパスポート、銀行カード、クレジットカード、各種保険などがあります。
免許証などは身分証になりますので、いざという時のために早めに警察署に行きましょう。

 

 

引越しの費用を安くするコツ

 

引越し費用を安く

 

引っ越し費用はできるだけ費用を抑えたい。
引っ越し費用は荷物の量に比例して高くなるので、引越し料金を安くしたいのであれば引越しの前に荷物をできるだけ減らすことです。

 

さらに3月前後は繁忙期なので1年で一番引っ越し費用が高い時期ですから、できればこの時期は避けたほうがいいです。
どうしても繁忙期を避けられないのであれば、引っ越し先の住所がわかったらすぐに複数の引越し業者に見積もりを取って契約してしまいましょう。 
準備が遅くなるほど条件の良い引越し業者の予約が埋まってしまいます。

 

同様に土日祝日は引っ越ししたいという人が多いので、平日に比べると費用が高めに設定さてれいます。
もし平日に引っ越しできるのであればそちらがオススメです。

 

午前と午後なら午前のほうが高いですし、大安と仏滅なら大安のほうが高いです。

 

また単身の長距離の引っ越しなら、単身コンテナ便や混載便を利用することで少し安くなります。
ファミリーの場合はやはり一括見積もりをして一番安い業者を探すのが1番良い方法です。

 

引っ越し費用は、日にちや時間を考えて利用すれば安くすることができるのです。

 

引越しのしくみ

 

引越し仕組み

 

荷物の量が多いと引越し料金は高くなります。

 

荷物が多いと少ない場合に比べて多くのスタッフが必要になりますし、引越しの時間もかかります。
また大きなトラックが必要となり、それだけ多くのガソリン代がかかるのです。

 

もし引越し料金を安くしたいのなら、できるだけ荷物の量を減らしましょう。

 

今はネットで直接不用品を売りに出したりすることも出来ますが、売れるまでに時間がかかりますので早めに動きましょう。

 

リサイクルショップなどで引き取ってくれる家電は5年以内のものです。それを超えると買取りはかなり難しいそうです。
あとは欲しい人にあげる、捨てるなどの方法で引越し前に不用品を減らしましょう。

 

新居に不用品を持って行くほど、不経済なことはありません。
不用品を運ぶ費用は勿体ないですよね。

 

引越し費用を安くしたいなら、不用品は引越し前に処分するのがオススメです。

 

 

 

冷蔵庫 配送 安い